歌ってくれカナメさん!!

マクロスΔのアルバムを入手して耳が幸せです。
オープニング曲といけないボーダーラインがお目当てだったのですが、この2曲はもちろん全曲が全曲、力強くてまじデカルチャーです。

Walkure Attack!(通常盤)

Walkure Attack!(通常盤)

いきいきしている、というか凄く「生きている」感じがして、さすがは戦場で唄うワルキューレだなと勝手にうるうるしています。

ストーリーとの合わせ技を展開できるのもアニメ楽曲ならではの魅力ですが、今回その役割を特に重く切なく担っているのは、やはりAXIAですね。
アニメ本編で見たときは歌詞がきちんと入ってこなかったのですが、(すみませんメッサーにはらはらしていました)これ、この歌詞…こんなにはっきりとメッサーを歌った曲だったんですね…。
メッサー本人が語ることは決して無かった内面のあれこれが歌詞の中に駄々漏れていて、聴くと場面や台詞と歌詞がひとつひとつシンクロしていく感覚を味わいます。カナメさんが映るシーンを思い出せば、自分の目にメッサーの視点が重なりそれはもう悲しくて。涙ぼろぼろ流しながらで自分でもよく分からない状態ですが、切ないながらもありがとうありがとうという気持ちで一杯です。六ツ見純代さま(作詞ご担当)本当に本当にありがとうございます。

ちなみにこのAXIAを唄うカナメさんは、北大路さくらちゃん役でお馴染みの安野希世乃さんが演じておられます。

しばらくリピートです。