初夏の和菓子、若鮎[今日のおやつ]

夏の和菓子が好きで、特にこの時期は「若鮎」に目を引かれます。

「若鮎」は名前の通りお魚の鮎を模ったお菓子です。梅雨に向けて日に日に暑くなる毎年の5月頃、多くの和菓子屋さんで店頭に出されます。

長良川の若鮎

(参考)「長良川の若鮎」丸々していて美味しそうです。それにすごく可愛い。

 

私のお気に入りの1つは、京都の大極殿本舗の若鮎です。

薄く焼かれたカステラ生地はほんのり甘く、中にはもっちりと白い求肥が挟まれています。大極殿の若鮎は生地の端を折って鮎の顔を表現しており、上品で堂々たる雰囲気。

(何度か食べたのに、お写真を撮りそびれています)

 

若鮎はばら売りされていることが多く、相場は1つ150円~250円ほど。

お店によっては小豆の餡など、求肥以外を挟むこともあるようです。

 

今年は既に4つ食べまして、今後はまだ食べたことのないお店のものを開拓する予定です。