松本隆さんが作詞活動45周年になるのだとか。

もうすぐ半世紀、すごい。

個人的には松田聖子さん楽曲の歌詞を書かれている印象が強いんですが、
私の年代周辺ですと、やっぱりお馴染みなのは星間飛行なのかしら。\ランカちゃーん!/

今まで何故か全く、考えが及ばなかったのだけれど、
ランカちゃんの「キラッ☆」というフレーズをこの御方が書かれたのかと思うと、

なんだかとってもどきどきします。笑

聖子ちゃんの歌を聞いていますと、海とか水辺の歌がとても多いです。
松本さんの歌詞では、海とか夏の空とか、その辺を表す言葉が凄く好き。
白いパラソル『青空はエメラルド』とか「マイアミ午前5時」『ブルーグレイの海』とか、はたまたセイシェルの夕陽」『真っ赤なインク海に流してる』とか、とにかく色が綺麗。
曲を流していると、意識せずともふわーっと映像が浮かんできて、歌詞に聞き入ってしまいます。

歌詞の主人公の、小悪魔っぽい感じもたまりません。可愛くて色っぽい。
もちろんボーカルと曲の素晴らしさも相俟ってのものなのですが。
この軸でいくとピックアップしたいタイトルが多すぎて、改めて松本さんのセンス半端ねえ、、と思うのですが、、、小悪魔ソングとして特にお気に入りなのは天国のキッスです。
『泳げない振りわざとしたの』『愛していると言わせたいから瞳をじっと見つめたりして』とか、どストレートに小悪魔です。どきどききゅんきゅんです。
他の楽曲でも、なんかこう、まだ未熟さのある「女の子」な部分を見せつつ、
色っぽさを出してくる感じがたまらなく素敵ですね。アイドルソングとして究極。

松本さんは神戸と京都にお住まいをお持ちとのことで、
ああどこかですれ違ったりしてたりしてないかなーとか考えてしまいます。

というわけで、
ブルータスとかで松本隆さんが特集されていてつい買っちゃいました。
これからじっくり読みます。